ビデオレコーダーに水平器を2016/07/24


カメラに水平器1


カメラに水平器2

ソニーのミュージックビデオレコーダー、HDR-MV1 に
水平器を取り付けられるようにした。
120度の広角レンズでいい音とHDビデオが撮れるビデオカメラレコーダーだ。

ちゃんとした三脚に取り付ければいいのだが、マイクスタンドを利用しているので水平がとりにくいのだ。
撮る前に手持ちのスマホに接続し、撮影画面の調整が出来る機能があるのだが、面倒。
カメラの横に付いているモニターで格子状のグリッドラインを表示、確認することも出来るのだが、老眼のジジイには見づらい。

そこで市販のカメラ用水平器購入を考えたが、このカメラにはそれらを取り付けられるアクセサリーシューが無い。
では、カメラの横にペタッと貼り付ければいいと思ったのだが、邪魔になる。
取り外しが出来る水平器があればいいのだが…。

カメラ水平器3

…ということで、100円ショップで水平器とステンレスの小さい板を買ってきた。
あと、ポリプロピレン(プラスチック等硬めの物でよい)の端材少々。

1.カメラ本体の電池カバーの下端とステンレス片の下端が揃う様に両面テープで取り付ける。
2.水平器のガイドになるように、ポリプロピレン片を張り付ける。

完成だ。

水平器には磁石が付いているので、サッと取り付けて水平を確認できる。
精度は悪いと思うが、おおよそ水平が分かればいい。

あとでビデオ編集時修正するのは非常に面倒だし時間もかかる。おまけに解像度も悪くなる。
これで解消出来れば…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック