メモ帳を作った2018/01/04


メモ帳1

メモ用紙になる裏紙。ごく一部。

メモ帳2

今まではA4(裏紙)1枚を4枚に切り、束ねた一辺に糊をつけて使っていた。
しかし、面倒な作業?なのだ。ただ用紙を4つに切り、一辺に糊を付け、
その糊が乾くまで待つだけなのだが…。

そこで考えたのがこれ。
糊付けはせず、束ねたままケースに入れて使う。
ケースを作る手間はかかるが、そのケースは一度作っておけばしばらくは使える。
そのケースは100円ショップの厚紙だ。
簡単な工作だ。
縦9センチ、横11センチ、奥行き3センチ、適当な箱をつくり、
適当に底を付けて出来上がり。

立てて使えるので机のスペースが少なくて済む。

そもそもメモ帳をそばに置いておくのは、思い立ったらすぐメモをとる!…ためだ。

テレビを見ている途中や考え事をしている時など、後でメモって…と思ってると
歳のせいもあるが、ほとんど思い出せないのである。

忘れてしまった思い付きほど素晴らしいもの…に思えるものだ。
次に、そのメモをどう生かすか…。
それが一番大事なことなのだが…。

忘れないうちにメモっておこう…!

卓上カレンダーを作った2017/12/25


自作卓上カレンダー1


自作卓上カレンダー2

卓上カレンダーを作った。
大きい方が2L版、小さい方がはがきサイズ。

絵柄は介護施設利用者のみなさんが毎月作る壁紙だ。
「鳥の子用紙」と呼んでいるが「模造紙」だろう。
約1,000×800くらいの大きさだ。それを2枚貼り合わせる。

カレンダーはベニヤ板やMDFを適当な大きさに切り、穴を開けて止める。
倒れないように傾斜を付けた木片を下部に取付けて出来上がり。

ひとつ勉強になったことがある。
穴あけパンチの穴の直径は6ミリ。それ以外は家庭用には規格が無いらしい。
6ミリ以外の穴あけは少し工夫する必要がある。

ところで、そのカレンダー、誰の?
”彼んだ!”

ボリュームコントローラー2017/12/02


ボリュームコントローラー

右の丸いつまみが付いているのが最近買ったボリュームコントローラー、FOSTEXの PC-1e だ。

左のTASCAM GB-10 でギターの伴奏(バッキングトラック)を鳴らし、ギターでメロディーを弾くのだが、曲の最後にフェードアウトしたい時に使う。

その BG-10 (左側) にも音の強弱ボタンは付いているのだが、段階的に小さくなったり大きくなったりしてなだらかに小さくまたは大きくならない。

徐々にふわっと音が小さくならないものかと、ネットで探しているとこれが見つかった。

便利なものがあるもんだ。いや知らなかっただけか。
単なる音量調節なのだが…。

手元で音量調節したい時には便利だ。

ビアホールにて2017/10/16


ビアホール1

9月初旬、まだまだ”夏”のころ

ビアホール2

高松市内の瓦町駅近くのビアホールで

ビアホール3

2時間ほどギターを弾いた。

ビアホール4

ギャラは好きなだけ飲み食いが出来る…ということだった。
食べ物に釣られてしまった。

だが、車なので飲めず。
演奏中は緊張しているので腹は減らず。
チーズ一切れ食べただけ。

来年呼ばれたら食べるぞ…。
呼ばれるかな?

ギターアンプ自作カバー?2017/09/02

運搬する必要が出てきたギターアンプ。
それは明日だ。
カバーをかぶせた方が安心だが持っていない。

購入するにも、今からネット注文しても届かない。
車を走らせて楽器屋さんに行っても「はい、お取り寄せです。」だろう。

なら、簡単なものを作ろう。

アンプカバー1


アンプカバー2

ダンボールを2重にし、適当な長さに切り、折り目を付けて出来上がり。

アンプカバー3

これで役に立つかどうかはわからないが、
多少の傷と埃ぐらいからは守れるだろう。

また、むき出しで町中を歩くよりいい。