ソニービデオレコーダーと手持ちジンバル2018/04/13

手持ちジンバルの本来の使い方はこうだ。

MV1とジンバル1

スマホを取り付けてビデオ撮りする際の手振れをおさえる手持ち道具…。

歩いたり走ったりしながらビデオを撮っても手振れを軽減してくれる道具だ。

一応スマホ用なのでより重い形状の違うカメラなどは取り付けられない…ようだ。

MV1とジンバル2

でも、なんとかソニーのミュージックビデオレコーダーを取り付けられないか試してみた。

そして出来たのがこれ。

これは上の写真と同じ向きで見たもの。

スマホの代わりにべニア板にカメラと重りを乗せてはさみ込んでいる。

MV1とジンバル3

90度横から見た感じ。

スマホとビデオカメラの重さと大きさは似たり寄ったりだ。

ただ決定的に形状が違う。横長と縦長。

レンズがある場所が違う。

そして考えて作ってみたのがこれ。

成功か?!

MV1TO

べニア板の切れ端とカメラに取り付けるスライドプレートを、両面テープで固定。
(スライドプレートはもともとフラッシュなどをカメラに横付けするもの。)

これをスマホの代わりにジンバルにはさみ込み、カメラを乗せるのだが、

スマホとカメラではレンズの向きが違って前後のバランスが全く違う。

その辺にあった鉄の重りをべニア板に張り付けてみた。

偶然にも前後左右うまくバランスが取れたのだ。

長く生きていればたまにラッキーなこともあるもんだ。

これでシーンに合わせてスマホかビデオレコーダーかが選べるようになった。

あとは腕を上げることだ。

五十肩は治っているので腕はあがるのだが…。

簡易ミニテーブル2018/02/21


テーブル1

小さめのサイドテーブルが欲しくなったのでそのへんの材料で作ってみた。

テーブル2

そのへんの材料とは使っていない折りたたみのパイプ椅子。

座面を外し、ベニヤ板をボルトナットで締め付けただけ。

大きさは450×350。重いものを端に乗せなければ大丈夫。

何よりも折りたためるのがいい。

譜面台の横拡張2018/02/10


譜面台1


いつも使っている譜面台はA4見開き(A3)の大きさの楽譜が乗せられる。

それ以上横に長い楽譜は端がはみ出てしまう。

あまり長いと両端が垂れ下がってしまい、用を足さなくなってしまう。


譜面台2


そこで段ボールなどの台紙を置いて、ずらしたりしながら使っていたのだが、
もう少し見栄えのいいものを作ろうと考えた。

コの字型の樹脂製のレールを上下に貼り、ベニヤ板をはさむ。

楽譜の大きさによってそれぞれをずらし、譜面台の面積を調整する。

樹脂製のレール(ジョイナーコ3 No.837 1.820mm)が数百円でホームセンターに。
ベニヤ板は3mm厚程度。

譜面台3

両サイドの黒く塗ったベニヤ板を広げ楽譜のサイズに…

譜面台4

そしてその上に楽譜を乗せる。

譜面台5

A4用紙4枚分の長い楽譜もOK。両端が垂れ下がらない。

楽譜を覚えればいいのだが、年とともにもの覚えが…。

今朝食べた朝ご飯は、えーっと…。

メモ帳(ホルダ?)を作った2018/01/04


メモ帳1

メモ用紙になる裏紙。ごく一部。

メモ帳2

今まではA4(裏紙)1枚を4枚に切り、束ねた一辺に糊をつけて使っていた。
しかし、面倒な作業?なのだ。ただ用紙を4つに切り、一辺に糊を付け、
その糊が乾くまで待つだけなのだが…。

そこで考えたのがこれ。
糊付けはせず、束ねたままケースに入れて使う。
ケースを作る手間はかかるが、そのケースは一度作っておけばしばらくは使える。
そのケースは100円ショップの厚紙だ。
簡単な工作だ。
縦9センチ、横11センチ、奥行き3センチ、適当な箱をつくり、
適当に底を付けて出来上がり。

立てて使えるので机のスペースが少なくて済む。

そもそもメモ帳をそばに置いておくのは、思い立ったらすぐメモをとる!…ためだ。

テレビを見ている途中や考え事をしている時など、後でメモって…と思ってると
歳のせいもあるが、ほとんど思い出せないのである。

忘れてしまった思い付きほど素晴らしいもの…に思えるものだ。
次に、そのメモをどう生かすか…。
それが一番大事なことなのだが…。

忘れないうちにメモっておこう…!

卓上カレンダーを作った2017/12/25


自作卓上カレンダー1


自作卓上カレンダー2

卓上カレンダーを作った。
大きい方が2L版、小さい方がはがきサイズ。

絵柄は介護施設利用者のみなさんが毎月作る壁紙だ。
「鳥の子用紙」と呼んでいるが「模造紙」だろう。
約1,000×800くらいの大きさだ。それを2枚貼り合わせる。

カレンダーはベニヤ板やMDFを適当な大きさに切り、穴を開けて止める。
倒れないように傾斜を付けた木片を下部に取付けて出来上がり。

ひとつ勉強になったことがある。
穴あけパンチの穴の直径は6ミリ。それ以外は家庭用には規格が無いらしい。
6ミリ以外の穴あけは少し工夫する必要がある。

ところで、そのカレンダー、誰の?
”彼んだ!”